HOME>製品サポートWeb>製品技術情報/FAQ> Sendmail Single Switch 3.1J Windows >
[FAQID:428]Sendmail Single Switch と同じマシンにインストールすることが禁止されているアプリケーションはありますか。

他のアプリケーションとの同居は基本的にお勧めしません。評価版などを利用して十分な検証を実施してください。
また、以下のアプリケーションの利用に際しては、特にご注意ください。

・Active DirectoryのドメインコントローラとなっているマシンにSendmail Single Switchをインストールすることはできません。
Active Directory環境内にSendmail Single Switchを設置する場合は、メンバーサーバとしてください。

・ファイルスキャン型のウイルススキャンアプリケーションを導入する場合は、下記のSendmail関連フォルダをスキャン対象から除外してください。

C:\Program Files\Sendmail Switch

これは、配送キューファイルがウイルススキャンにより削除、隔離された場合、キューの再送処理に異常が生じる可能性があるためです。

その他、システムへの負荷が高いアプリケーションとの同居はなるべくお控えください。
同居を行う場合は、十分な検証を実施し、問題がないことを確認した上で導入してください。

・SQL Server 2000は、マイクロソフト社のサポートオンラインによると「SQL Server を起動すると、SQL Server のメモリ使用量が増加し続け、サーバーで多くの処理が発生していないときでも、メモリ使用量は減少しません。」とのことです。

サポートオンライン:
http://support.microsoft.com/?id=321363

このため、物理メモリをSQL Server が使い果たした段階で、Sendmail Single Switch が動作不良になるケースを確認しております。SQL Server 2000との同居はおやめください。

[データ登録日:2006/10/10 ]

<ひとつ戻る    <<カテゴリ選択画面へ